JAの事業に支えられて

おはようございます。

河谷ファ-ムは、休耕田や耕作放棄地(以下荒れ地という)の再生に取り組んで、3年が経過しようとしています。着手した当時の荒れ地は、雑草や低木が生い茂っていましたが、今では健全な農地として、水田での稲作やキャベツやブロッコリ-をはじめとする葉菜類の野菜が立派に育つまでに再生することができました。

この取り組みに当たっては、JA大阪中河内の農地貸します借ります事業(以下この事業1)農業専門無料職業紹介所(以下この事業2)の橋渡しのおかげ農地が借りられ、アルバイトも雇用することができました。

これからの大阪農業の取り巻く環境は、大都市特有の問題があります。後継者不足の問題はどこの地域でもあるのですが、農地を耕作して維持していくことの難しさ(税金面や環境面、費用面、人材面等)があり、このことを解消する手立てとしてこの事業1.2農地の保全に寄与していることになり、大きな成果となっています。

そして、この事業を通じて、この中から農業をやってみようとする意欲ある方が現れることを期待するとともに、そのような人材を発掘し育成していき、農業の裾野を広げていけたらなあと思っとります‼

農地を泣かせない‼(9月28日投稿)ためにも河谷ファ-ムとして、できうる努力をしていきたいと思います。