雨は降りすぎると怖い

 

 梅雨の真っ最中ですが、梅雨前線の停滞で、局地的に大雨を降らす線状降水帯なるものが発生し、各地で毎年のように被害が出ています。今回の静岡県では宅地開発による盛り土が原因で土石流が発生したことで、尊い人命が失われたことは、誠に悲しいことです。

 もはや、線状降水帯がどこで停滞するかによって起こりうるこの水害は、日本のどこでも起こる可能性があります。

 水田は、このような大雨が降った場合に、水を貯めるダムのような働きを兼ねる機能がありますが、都市化の流れで宅地造成によりその面積は毎年減少しています。

 結果的に自然の猛威の中で降り注いだ大量の水が行き場を失い、荒れ狂って人家を襲うことは避けられなくなっています。危険をいち早く察知し、安全な場所への迅速な避難をすることが一番ではないでしょうか。