農家もコロナウイルスの被害者なのです

おはようございます。新型コロナウイルスの感染拡大が連日のごとく報道されています。

コロナの影響で、各産業が大きな被害を被っています。その中で、観光業や飲食業などは、例年では年末、年始にかけての旅行や忘年会・新年会などでかき入れ時なのに、感染拡大を防ぐための自粛モードになっています。

では、農業はどうでしょうか。今までの暖冬の影響もあり、野菜の生育が順調でだぶ付いているところに、コロナウイルスの影響で先ほどの観光業や飲食業の不振により野菜が需要が細ってしまい、野菜ができすぎて供給過多になり価格暴落が起こっています。直売所での売れ残りや卸売市場での低価格での出荷など、近年例を見ないことが起こっているのです。ニュ-スで農家では、出荷しても燃料代も出ないほどの価格暴落で野菜を廃棄せざるを得ない状況であるとの報道がされてました。農業も影響を受けているのです。

今年も残り3週間となりましたが、世界ではワクチン接種が始まるそうです。日本でも一刻も早いコロナウイルスの終焉を待ち望みます。