稲穂に冷たい水を

皆さん、おはようございます。

毎日暑い日がまだつづいていますが、私たち人間も暑さに堪えて(我慢して耐える)いるのに、稲も相当堪えていると思います。もう、我慢できなくなると、人間なら熱中症になってしまいますね。病院で点滴打ってもらえば、楽になりますが、稲の場合は、高温障害を起こし、稲穂の実の部分が白くなってしまいます。

高温障害に陥らないように、夕方から水田に水を入れて、夜にかけて水田の地温を下げるようにして、地温管理に心がけています。これも松原市三宅地区にあるパイプラインのおかげです。

ありがたいことです。

皆さんに美味しいお米を届けるため、河谷ファ-ムは、日々努力していきます。