稲刈り始まる 9.10

 青空のもとで、待ちに待った稲刈りが始まりました。今回刈り取るお米は、キヌヒカリという極早生の品種です。5月初旬にJA 大阪中河内営農センタ-で農業指導員のもと厳正な育苗管理(温度、水質、病害虫等)がなされた苗を買い求めて6月2日に田植えをしました。9月10日の稲刈りまで、わずか100日でお米を収穫することができる品種なんです。このキヌヒカリというお米の※来歴は、(収2800×北陸100号)とF1×北陸96号)を掛け合わしたものです。品質は上の中、食味は上の上です。主に北陸・関東以西の平坦地で栽培されています。大阪府は栽培適地となっています。今後刈り取った後、遠赤外線乾燥機でじっくり焙煎乾燥させたのち籾摺り(もみ殻をめくる)作業をした後、精米(胚芽をとる)作業を経てキラキラのお米となって皆さんの食卓に上がります。もうすぐ今年の新米が食べられますよ。

※来歴・・・物事がそれまで経過してきた次第。由来。どの品種とどの品種掛け合わしてできたお米ということ。