田起こしをする

おはようございます。昨日は、晴れていましたが、肌寒い一日でした。

稲刈りを終えてから約二ケ月近くになります。来年の稲作の準備に向けて、3,000㎡(3反)の田んぼをトラクタ-で田起こし(荒起こし)をしました。田起こしとは、田んぼの上の層と下の層の土をトラクタ-の爪(ロータリ-)で反転させ土をかき混ぜることを言います。「天地返し」と呼ばれることもあります。この作業で、藁や草などをすきこんで腐らせ堆肥化することができます。昔は機械がなかったので、牛や馬にからすきという農具を付けさせて行っていた作業をトラクタ-で行っているのです。

来年の田植えまでには、まだまだいろんな作業がありますが、年末までにすべての田んぼの田起こしをします。雨が降らないうちに‼