浮雲よどこへ行くのだ

 11月に入ってから、穏やかで陽気な日が続いています。秋晴れの中、野菜の収穫や冬野菜の植え付けなどを行っていますが、空には大きな白い雲がふわふわと浮きながら東へとゆっくりと流れていきます。普段は、じっくりと空なんか注視することなく地面ばっかり見て農作業を行っていますが、今日はなぜかこの空に目が留まり、じっくりと見上げて写真を撮りました。

 四季の移り変わりを空の雲から感じることができるんですね。