水路の掃除に汗流す

 本日、朝の9時半から約2時間、三宅町土地改良区の役員と水利調整委員とで、田植え前の水路の泥揚げ等の作業を行いました。 この時期、どこの地域でも田んぼの地権者などで地区の水路掃除や溝さらえを行っていると思いますが、当地区では今年は、緊急事態宣言中でもあることから3密を避けるために役員・委員のみで作業を行いました。水路には、1年間の汚泥が蓄積したり、その上に雑草が生い茂ったしていますのでその泥を揚げたり、草を回収したりします。また、空き缶空き瓶やごみなどの投棄物なども散在していますので、これらを丁寧に回収し掃除していきます。

 この作業を行うことにより田植え時の排水のみならず、雨などの天水の水はけが格段に良くなります。皆さんが、何気なく見られてる田植え後の景色の裏には、このような作業が行われており、その作業のお陰であののどかな水田風景が保たれているんだなぁと気づく方はおられるでしょうか。