水菜の出荷始まる

 12月に入って、今年も残すところ、一ケ月を切りました。師走で何かと忙しい時節となり、昨日から大阪の気温もグッと下がってきました。寒くなると世間では、家で鍋料理をするようになります。そんなわけで、今日から水菜の出荷をすることにしました。

 写真の作業は、水菜の株もとを菜切り包丁を使ってきれいに掃除しています。だいたい1株が1㎏から2㎏あります。それを500gに小分けして袋詰めして出荷します。これからの季節、寒さが厳しいと水菜の価格も大きく上昇します。これから、年末に向けて少しずつ途切れることなく出荷をしていこうと思います。