水菜の出荷とコロナのワクチン

 今日も朝から良い天気です。朝から腰の調子が思わしくないので、整骨院へ行き整体マッサージを受けたのち、水菜の出荷作業を行いました。水菜は、寒いときによく食されるので寒くないといかんのですが、このところ暖かい日が続いているので、水菜の成長スピ-ドが加速し、出荷のスピ-ドが負けています。3月になるまで出荷終了せねば。と焦っていたところへ、友人が来て雑談となりました。

 俺65歳以上やけど高齢者には早い時期にコロナのワクチン打たんなあかんみたいやけど、打つか打たんとこか迷ってるねん。あんたやったらどないするとのこと。

 人により思いや考え方がそれぞれあるので、俺やったら打つけどなと答えると、副作用があるがなとのこと。臨床期間が短いのでまだわからんところはあるかもしれんが、コロナに罹って重症化や亡くなるより良いやろ。と答えました。

 いよいよワクチン接種が始まるとのニュースが報道されてますが、私のように毎日田んぼに行き、人とあまり接触しない職業でも、家に帰れば妻や子供たちと話もするし、完全に人と接触拒否という生活は、できないと思います。ですから、あのように答えになったのですが。結局は、打つか打たんかはよく考えて、最後は自分で決めるんです。

ワクチン惑沈とならないようにあまり惑わされないように、深く考えすぎて沈み込まないようにね‼