春キャベツの春空出荷する

 

 今日の天気は、昨日とは打って変わって良い天気に恵まれました。春キャベツの出荷も第二弾の品種である春空という春キャベツを出荷するようになりました。刈り取るタイミングは、写真の春キャベツの結球の葉脈が、ピンピンに伸び張っているのがベストなんです。これが行き過ぎると春キャベツが爆発して破裂してしまいます。のこぎり鎌で刈り取ります。

 ここ大阪では、緊急事態宣言が発令中とあって、人もあまり見かけません(田んぼの周りでは)。この春キャベツは、大阪中河内農協が運営している直売所【畑のつづき】に出荷しています。一玉の重さが、2.5㎏から1.3㎏までと様々であり、重いので出荷作業は腰に堪えます。市場の相場も第一弾に出荷した春キャベツ来陽の時よりもマシになってきました。

 緊急事態宣言でもあり、皆さんが外食を控えて、家で食べる機会が増えているためでしょうか、売れ行きは好調です。ゴ-ルデンウイ-クで明日から連続で休まれる方もおられると思いますが、コロナに罹らないように、お好み焼きや焼きそばなどして家でキャベツをどんどん食べてもらえれば、生産者として嬉しい限りです。