春キャベツの効能

 暖かい日が続いたと思えば、冬に逆戻りの寒さになったりと3月の奈良のお水取りを過ぎるまでは、まだまだ暖かくなるのは先のようです。こんな時期でもいよいよ春キャベツを出荷できるようになりました。

 春キャベツは、極早生の品種で春波です。キャベツは、にんにくに次いで予防効果があるといわれています。

 キャベツには、イソチオシアネート(強いが抑制効果)とペルオキシダーゼ(発がん物質を抑制)という酵素やビタミンC、ビタミンUが豊富に含まれているそうです。 また、肺がんや膀胱がの予防に有効といわれています。 ビタミンUは胃潰瘍を予防することで有名です。こんな予防効果のあるキャベツはどんどん生で食べて、いつまでも若々しく健康で毎日を過ごしたいものです。