新米 できましたよ❣

 

おはようございます。昨日は、朝から籾摺り作業を行い、無事にお米にすることができました。

作業行程は、乾燥機から乾燥した籾を、籾摺り機に通し、臼で籾の皮を剥ぎます。剥がれたお米は玄米となって、選別機を通り、小米やくず米を排除して、計量器に通し袋に入ります。一方剥いだ皮はもみ殻となって外へ排出されます。

袋に入れられたお米は玄米(胚芽がついたお米)ですのでこの後、注文に応じて精米機に通して白米にします。このような作業工程を経てお米になっていくのです。

田んぼに散らかったわらは、風通しを良くするため8束ずつ立てかけ寄せて乾かします。この作業は、アルバイトの方に手伝ってもらい1時間ほどでできました。今は、みんなコンバインでわらをカットするので、昔懐かしいこの光景を見ることが少なくなりました。

今年も、第1ラウンドの稲刈り(早場米のキヌヒカリ)の作業を無事に終えることができました。

第2ラウンドの稲刈り(ヒノヒカリ)の稲刈り作業は10月初旬から始まります。

河谷ファ-ムは、昔の懐かしい、光景や風景を再現することにも努めていきます(都市の中の小さな農場として)ので、楽しみにしていてくださいね‼