彼岸花 咲き誇る 稲刈り近し

 今日26日は、彼岸明けでした。天気もどんよりと曇つて、時折小雨も降るややこしい天気でした。

 この彼岸の時期になると昔から秋の花として親しまれている真っ赤な彼岸花が毎年咲くのです。彼岸花は、ラッキョウのような球根が地下に埋まっており、秋の彼岸(9月中旬ごろ)の頃に地中から花芽を出して赤い花を咲かせるんです。毎年同じ場所(畔際)に咲くのです。畔際に一斉に咲いた彼岸花のすぐ隣には、稲穂が、だんだんと頭を垂れながら黄金色に染まっていくのです。来月になれば辺り一面が黄金色の絨毯を敷き詰めたかのような光景が広がります。いよいよ本格的な秋の収穫が始まります。