土用干しの時期来る

 今年は7月17日(土)に近畿地方の梅雨が明けました。これからは、連日うだるような暑い夏が始まります。田植えした稲の苗もすくすくと育ち、「土用干し」の時期を迎えます。別名「中干し」とも言います。

 土用干しは、稲の根を張ることを促がすために必要な作業です。具体的には、夏の暑い盛りに田んぼに張ってある水を落として(排水して)、田んぼの中の水をなくします。土にヒビが入るまで乾かすんです。そうすると、稲の根が田んぼの中を水を探し求めて根が張り巡らされるため、倒れにくいに育っていくんです。 土用干しはだいたい7月の下旬頃から行います。河谷フアームは例年7月19日、20日に毎年行ってます。

 明日から汗をかきかき田んぼの水を抜きに回ります。