台風が来るたびに思うこと

おはようございます。

過ごしやすい季節になったら、例年のごとく台風がやってきます。台風12号は、日本列島への上陸はないようですが、本日朝から、関東地方に最接近するとのことです。被害がないことを祈ります。

台風の風水害で毎年、各地で被害が出て多くの方々の生命と財産が失われていくことは、本当に悲しいことです。農家の人間として、雨風が強まって台風が来てるのはわかってるけど、田んぼを見に行き、水路に流されて行方不明になる方が後を絶ちません。

実は私も、台風の大雨の日に田んぼを見に行ったことがあります。すると、平時では何のことの無い光景ですが、台風時は今まで見たことの無い光景を目のあたりにしたことがあります。自然の脅威は恐ろしく、まさに濁流の水しぶきが牙をむき出し、水流は大蛇が蛇行するがごとく、用水路か道路かの区別がつかずに危険を感じました。流されるのは、当然です。

台風時には、早めに避難することです。被害が出ないことを祈り、唯々早く台風が通過してくれるように、じっと待つことが最善の策ではないでしょうか。