冬野菜も育てています

 10月中旬からは、冬野菜の種まきや苗の植え付けをしていきます。写真は、赤い茎のほうれん草です。年中スーパ-に出回っているほうれん草ですが、赤い茎のほうれん草は、変わり種です。これから冬に向かってだんだんと気温が下がってきます。そうなると寒さにつよい野菜を作ります。その代表的な野菜がほうれん草です。自身の水分の摂取を控え、細胞内の糖分濃度を高くして身を守ろうとします。冬のほうれん草の性質を利用した栽培方法を「寒じめ」と言い、こうして育った野菜を人間が食べると「甘い」感じます。ビタミンCの含有量も、通常の場合の倍程度になると言われます。ほうれん草のおひたしをお口に入れるとホワ~ワ~ンと甘さが染みわたります。だから冬のほうれん草は寒じめで美味しくなるのです。皆さんに美味しくて甘いなぁと言っていただけるようなほうれん草を作っていきたいと思っております‼