代かき始まる

 田植え機を使って稲苗を植えるためには、トラクタ-を使って田んぼの土壌を耕うんしてフラットにする(ペタッと平たくする)作業のことを代かきすると言います。この作業を丁寧に行うか否かによって田植え作業の善し悪しが決まってくると言っても過言ではありません。雑に代かきすると、均一に均していないためでこぼこになってしまい上手く田植えをすることができないのであります。また、植え付け後の苗の生育状況も変わってきます。 

 本日は3反分(約3,000㎡)を代かきしましたが、明日も作業が続き、これから数日間この作業に追われます。