ヘチマを育てて、たわしを作る

ヘチマもあるよ

ヘチマはこんなに大きく育つ

 3年前にヘチマの苗をもらってから毎年、種を取って栽培しています。もらった当初は、ヘチマはヘチマたわしを作って使うだけだと思っていましたが、食用でもおいしく食べることができます。ヘチマのレシピを見てみるといろんな食べ方ができます。

 ヘチマは、植えてからの成長速くその蔓(つる)の伸び方は激しくどこまでも蔓先が伸びていくので、市販されているキュウリネットでは追いつかないので、私は、フエンスに横に這わすようにして蔓を誘引していきます。写真のヘチマの長さは50~60㎝ぐらいですが、1m以上にもなります。大きく育ててヘチマの芯が枯れてくると色が緑色から茶色に代わってきます。そうして表面の皮がめくると白い繊維質となり、中に黒い種がびっしりあるのでそれを取り除いて適当な長さにカットしたらヘチマたわしの出来上がりとなります。

 お風呂で使うとナイロンたわしとは一味違った感触で体を洗えるのです。使い込むほどにしなやかにしっくりとなっていきます。その柔らかい感触は何とも言えない肌触りでじつにいいもんですよ‼