サニーレタスとクリスマス

 

おはようございます。昨日も強風が吹き荒れた天気で寒い一日でした。

さて、クリスマスまであと一週間余りです。この時期を狙ってサニ-レタスを栽培しています。

もともと、クリスマスは、イエス-キリストの降誕(誕生)を祝うキリスト教の記念日・祭日で、「神様が人間として産まれてくださった」ことを祝うのが元々の意義だそうです。

クリスマス自体は12月25日ですが、昔の暦では日没と夜明けを一日の境目としていたので、24日の夕刻から25日の未明までを「クリスマス・イブ」として、お祝いします。

そのお祝いの晩餐でクリスマス・イブには家族でケーキや七面鳥など、ご馳走を食べるのが、わが国でも今やおなじみとなっています。だからクリスマスケ-キでイチゴがいっぱいに並んだデコレーションケーキが良く売れます。野菜では、サニーレタス、ミニトマト、きゅうりなどのサラダ用野菜が売れ筋です。露地で栽培するには、サニ-レタスが一番作りやすいので、河谷ファ-ムではこの野菜に年末勝負をかけてます。

新型コロナウイルスの影響で例年にはない環境下での出荷となりますので相場(値段)はどうなることかと危惧しております。まあ、こればかりは、神のみぞ知るということですかねえ。