イタリア野菜すくすく育っています。4

 皆さん、ゴルゴと呼ばれるイタリア野菜を聞いたことがありますか。ビーツの一種です。私もイタリア野菜を栽培するようになってから知った野菜なんです。イタリア名では、バルバビエートラと呼ばれています。また、砂糖大根とかテーブルビートとも呼ばれる根菜なんです。独特の香りがあり、甘さ、軟らかい食感と鮮烈な色を楽しむことができます。ゴルゴは、イタリアのキオッジャ地方で栽培されるタイプのビーツで、包丁で切ると断面が紅白の年輪模様が現れて美しいです。

 根の部分は薄くスライスしてサラダの彩りにするのがお勧めとか。葉も、茹でてからレモンとオリーヴ油で和えたり、バター炒めて食べます。この野菜は、春・秋に播けて、わずか50~60日で収穫できるので、日にちを少しずつずらして播いていくと長く楽しめます。丸型で、ゴルフボールから野球ボールくらいで収穫します。大きくし過ぎると裂球しますので早めに収穫します。皆さんも、一度播いてみたらどうでしょうか。面白いイタ野菜ですよ‼