アベノハルカスの野菜売り場盛況

 

 今日は、大阪阿倍野に行く用事がありましたので、用事を済ました後、アベノハルカスに立ち寄りました。地下の洋和菓子売り場は、なぜかいつもと様子が違い男性がやたらと多く見られたました。

 そうだ!2月14日のバレンタインデーのお返しの品物を買うために訪れていることがわかりました。そして地下2階の生鮮食品売り場にも足を運んだところ、こちらは女性の方が夕食の食材の買い物でごったがえしてました。

 百貨店の生鮮売り場の野菜の値段は軒並み安価でした。私は今春キャベツを栽培してますが、ここで売ってる春キャベツは、大きいサイズで一つ100円(鹿児島産)で立派なものでした。そのほかの野菜もどれもこれも安価で、近所のス-パ―の安売りセールみたいなものでした。消費者にとって野菜が安いことはうれしいことですが、生産者にとっては、複雑な心境です。今年の春キャベツの相場は暫く安いかもしれませんね。