そこにある危機に備えねば

 9月も中旬に入ってから朝晩の気温も下がり過ごしやすくなってきました。天気予報では、この週末には台風14号が近畿地方を襲うとかの予想をしています。

 思えば2018年9月4日に神戸に上陸した台風19号を思い出します。関西空港連絡橋を暴風雨でタンカ-が橋脚に接触して大破させたあの時から3年が経ちます。

 あの時の暴風雨により農作物は粉々に粉砕され、農業倉庫も屋根の部分が損害を被りました。

 何もないときは別段気にもしませんが、いざ自分の住んでいる地域が台風の進路と予想されると、心配になるのです。数日あとのことで予想は外れるかもしれませんが、台風が来ることを予想して備えておかねばならないなと思うのであります。