さらば害虫 寒さとともに

おはようございます。12月も日、一日一日と年末に向かって時のコマを進めています。小松菜とチンゲン菜を播いてから3週間経過しましたが、害虫が見つかりません。あんなに秋の暖かいときには、野菜を噛みまくり暴れていたのにです‼害虫、すなわち昆虫の活動は、気温に大きく影響されます。
 昆虫は変温動物(外部の温度により体温が変化する)であるため、活動適温の幅が狭いのです。活動範囲は10~30℃で、25℃が生育適温である害虫が多いのです。だから人間にとって過ごしやすい気候は、昆虫(害虫)も過ごしやすいのです。4月~11月が主な活動時期で、特に6~7月と9月は増殖が盛んで野菜の中で暴れまくり噛みまくるのです。さすがに12月になると気温が一桁になったら害虫もいなくなりました。

現在生育中の小松菜やチンゲン菜などは、無農薬で出荷できそうです。害虫も寒さには弱いのであります。