ごろんごろんと長とうがん生りまくる

 とうがんの黄色い花が咲いてその花が萎れると実が太り御覧のようにとうがんが生ります。このとうがんは長とうがんと言います。苗を2株植えただけなんですけど、なんぼでも生るんです。写真の中央に黄色い花が見えるでしょ。この花が萎れると実が生りだんだんと膨らんでいくんです。じつにたくさんのとうがんの収穫が期待できます。

 とうがんには、いろんな種類があって、河谷ファームでは、長とうがん姫とうがんの2種類を栽培しています。

 どちらかというと、長とうがんのほうが生りは良いです。とうがんは、これから8月にかけてたくさんの実を付けていきます。