この暑さは大敵なのです

  田植えが終わって数日たちますが、ここ数日は、6月の初旬なのに暑さが半端ではないです。新聞によると日本列島は9日、太平洋高気圧に広く覆われて気温が上昇し、福岡県久留米市では35.6度を記録するなど、全国で今年初めて最高気温が、35度以上の猛暑日となったとありました。

 ここ大阪府松原市三宅地区では、大阪市平野区に隣接しており、大阪市の気温32.2度と今年最高を記録したと報道されてました。こんなに早く暑くなると困ることが出てきます。それは、水田に張ってある水がどんどん蒸発してしまい、水かさが減って田植えした水田の土がむき出しとなり乾いてしまうのです。なにもせずにそのままにしておくと、干上がってしまい壁土のようになり植えた稲の苗がよれよれになってしまい、最悪は枯れてしまうのです。そうならないように、毎日水かさが減らないように水を足しに(補水)しに回っています。梅雨の時期に雨が降らないのは、このような余計な仕事が増えます。

 本日も朝から各水田を見回りしているのであります‼