いちじくの剪定を行う

 今日は、イチジクの脇芽の剪定作業を行いました。上記のイチジクは、珍しいイチジクで果皮が黄緑色したゴールドフィルガ-という品種です。

イチジクの脇芽がたくさん芽吹いてる中のもので、最適なものを選んでいきます。最適なものとは、向きと枝ぶりが良い枝で伸ばしていく際に誘導の支柱に沿って伸びていくのにような枝で、その支柱に最も近くにあり健全な枝を選びます。手でもぎっていきます。簡単にぽろっと取れます。間引かれた枝に栄養が行き渡り、1ケ月もすると枝は太くなってどんどんと伸びてゆきます。

この作業は例年、田植え前にやることにしています。そのほかのイチジク(桝井ドーフィン、久留米イチジクのバサロ、フランスのイチジクベロ-ネ)も本日合わせて選定を行いました。

 イチジク大福のイチジクをお菓子司石橋徳栄堂さんとのコラボ商品として皆さんに供給できるように頑張って栽培していきたいと思います。